フジ子・ヘミング

ピアニスト 読書

豊田市にある「かなえピアノ教室」です。

こんにちは♪

読書は趣味の1つなのですが、最近読んだ本のご紹介を・・♪

 

ピアニスト、フジ子・ヘミングの「わが心のパリ」「ほんの少し、勇気をあげる」

ピアニスト

「すべてを望んでも、手に入らない。愛する人も、温かい家庭も望まず、

私は音楽と見捨てられた動物だけを望んだ~フジ子~」

と本に書いてあるとおり、フジ子人生を賭けてストイックに音楽に向かい合っています。

ピアニストとして成功するまでに、本当に沢山の苦労をしてきたフジ子。

彼女が弾く、ピアノはただ綺麗なだけではなく、魂がはいっているようでとても惹かれます。

だいぶ前になりますが、名古屋でフジコのピアノリサイタルを聴きに行った時には、

ピアノや、衣装、パフォーマンス、などすべてがフジコワールドで感動した事を覚えています。

「部屋に置かれた椅子が、みんな違っていてもいいじゃない。ひとつひとつ素敵な椅子を選んで

買ってきたおいた、ほうが楽しいもの。

こうしなければならない、ということは一切ないの。

自分が楽しいようにすれば、それでいいの。 ~フジコ~」

 

 

ピアノ 絵

 

挫折を重ねてきたフジコだから言えるような強いメッセージ、そして

ため息が出そうなほど素敵なパリのアパルトマン、

フジコが描く個性的な絵、パリの写真・・・フジコワールド全開の2冊でした。

いつも、花を飾る、好きな物を身の回りに置く、、そんなフジコの

生活に対する細やかさに憧れます・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント