名ピアニストの演奏の聴き比べてみましょう♪

ショパン ピアノ バラード がく ピアノ練習方法

豊田市にある「かなえピアノ教室」です♪♪

 

先日大好きな曲・・ショパン バラードOp23を
少し練習していました。
家にあったCDはルービンシュタインのピアノ演奏だったのですが、
聴きながら演奏のイメージを膨らませてみました。
1959年に録音されたアルバムですが、それはそれは美しいおとの
演奏がきけます。

ショパン ピアノ バラード がく

 

 

以前このピアノ曲を練習していた時に、教えて下さった先生から

「Zimermannのバラードは素晴らしいわよ」

と教えていただきました。

学生時代はLDで見たのですが、今はyou tubeでもみることができるのですね。

YouTube

確かに・・・!!

音のない間も美しい・・!本当に洗練されたピアノです!!

 

 

同じ曲を弾く、Lang Lang

YouTube

若くて情熱的ですね・・!

 

なんと、昔のHorowitsの演奏もでてきました。

YouTube

 

最初の1ページめの Largo のpesante  Moderatoの部分だけを切り取ってきいても

ピアノの弾き方、テンポ感、強弱、3人のピアニスト三者三様ですね。

楽譜を見ながら聴いていると、それぞれのピアニストの曲への解釈の仕方を

沢山発見する事ができます。

好みはありますが、世界的なピアニストの名演奏!

聴いているだけで勉強になりますね。

 

発表会や、コンクールなので大きな曲を弾く時。。。

どうか、沢山のピアニストの演奏を聴き比べてみてください。

そこには、沢山のヒントが隠されているはずです・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント