理想の音を出すために・・♪~ピアノ練習法~

ヴェートーヴェン ピアノソナタ ピアノ練習方法

豊田市にある「かなえピアノ教室」です♪♪

 

今日もピアノ練習法について少し書こうかと思います。

弾く曲がきまり、自分の中で曲のイメージが固まったら・・

理想の音を出すために部分的に取り出した練習をしていきます。

 

↓この楽譜は ベートーヴェン・ピアノソナタ26番「告別」です

ヴェートーヴェン ピアノソナタ

 

先生がとても熱心にご指導して下さったので、書き込みが沢山の楽譜です。

このピアノソナタ1楽章は、最初のゆったりとしたAdage 部分が16小節・・

そのごはAllegroになり激情した音楽に変化していきます。

上の写真はAdage部分なのですが、この16小節の為に、先生は何時間かかけて

ピアノレッスンして下さいました。

まず最初の3つの和音、ひとつの和音のおとの響き、バランス、そして、3つの和音を

つなげた時のフレーズ・・

それだけで1回のピアノレッスンが終わってしまったこともあります。

自宅でも、最初のEs(ミフラット)・G(ソ)のおとだけでも何度も何度も納得いくまで

練習しました。

ですので、1日ピアノ練習を3時間しても、最初の16小節だけで終わってしまった

こともあります。

それだけ部分練習をしても、つなげてみると音がデコボコしてしまったり・・

今度は、つなげるてフレーズを感じる練習をしてみたり・・

毎日試行錯誤しながらピアノ練習をしていました。

 

本当にピアノは地道な練習の積み重ねですね。

理想の音がです、くじけてしまいそうなこともありましたが、

それでも、毎日練習を繰り返していくと、その練習が確実ピアノの音に反映されます。

自分が思っているような音が出た瞬間!!

それはそれは、嬉しいです。

 

ピアノは電子音ではなく、自分のオリジナルの音をだして演奏できる

できる素晴らしい楽器です。

 

すこしでも理想の音に近づけるよう・・地道な練習頑張りましょうね♪

 

 

 

 

 

 

コメント