音程が一度違うだけで・♪

シューベルト ピアノソナタ ピアノ練習方法

豊田市にある「かなえピアノ教室」です♪♪

 

この楽譜はシューマン ピアノソナタ4番の楽譜です。

音楽高校時代にひいたのですが、最近もう一度練習しています。

練習していたらこのような先生からの書き込みがありました。

シューベルト ピアノソナタ

写真で2段目4小節目 G(ソ)・Fis (ファシャープ)からCis(ド・シャープ)

は音程の差が五度あります。

一方3段目一小節 Gis(ソシャープ)からD(レ)の音程の差は6度です。

この2小節は音もリズムもにていますが、この向かっていく最終音の

CisとDのおとの違いだけで、弾き方が違ってきます。

言葉でこの2つの音を表現するのはとても難しいのですが、

2段目のDの音は1段目のCisのおとに比べ、より広がりを持たせ、

響くような音でピアノを弾きます。

リズムや音が似通っているような場所で、同じ様に弾くのではなく、

音の質自体に変化をつける・・ことによって音楽的にとても重厚に

聞こえます。

音の質自体に変化をつけるためには、何度もとりだして練習るす

必要があります。ソプラノの音だけではなく、左のGIS(ソ・シャープ)

の音も同じ音ですが、同じ音だからこそ、意識をして大事に弾いてあげる!

ととても綺麗に聞こえるはずです。

音がほんの、一度(一音)変わるだけで、驚くほど響きが違ってきます。

それをピアノの音の質でもっと表現できていけるといいですね。

そんな、小さいところを積み重ね、注意しながらピアノをひいていくと、

音楽的にも豊かに聞こえてくるはずです♪

 

 

コメント